ワークショップ

先日、小学校でものづくり体験教室の講師に呼んでいただきました。去年初参加で、今年は2回目の参加となりました。仕事の体験をするという授業で、6年生の児童20名に大工の仕事の紹介をしました。

イラストや写真を使い、できるだけ子供達にわかりやすく家ができるまでの流れを説明しました。

家を作るというと大工さんというイメージがあると思いますが、建具屋や電気屋など様々な専門の職人と協力して家ができています。どのような業種も同じだとは思いますが職業の種類というのはたくさんあります。

将来子供達が職業を選択する中で、少しでも多くの選択肢を知ってもらえたらいいなと思い、紹介しました。

仕事の説明の後は一人ひとりにカンナがけを体験してもらいました。上手にできると綺麗なカンナの削りカスができるので子供たちはそれをよろこんで持って帰ってくれました。

そして、ワークショップとして写真立てを作りました。まず木材の角をカンナで面取りをして裏側から釘を打ってもらいました。今回の写真立ては少し難易度の高い工程もあったので、失敗してしまう生徒さんも多かったのですが、それでもみんな諦めず完成させてくれました。

飾りつけもそれぞれ個性的で私たちが思いつかないような工夫を凝らしたものに仕上がっていました。


Recent Posts
Archive
Search By Tags
まだタグはありません。
Follow Us
  • Facebook Basic Square
  • Twitter Basic Square
  • Google+ Basic Square